Home » 投資系副業 » トランプゲーム感覚で儲かるバイナリーオプション

トランプゲーム感覚で儲かるバイナリーオプション

バイナリーオプションとギャンブルを比較することがありますが、それはトランプゲームのhigh&lowに似ている取引方法から感じるのだと思います。
実際に比較するとどうなのでしょう。

パチンコの場合にはその労働時間(労働と言っていいのか分りませんが)が長いことです。
もちろん負ける時には瞬間的終わってしまいますが、勝つときには朝から晩までかかる時もあります。

バイナリーオプションには基本的に2時間の利用制限がありますので、その時間内で利益が確定します。
また勝率については、バイナリーオプションはhighかlowの二者択一になりますので、単純に考えれば1/2の確率となります。

パチンコの場合には1/300が一般的な確率になり、それが何度か重なることで元手まで到達でき、それを越えた時から儲かる仕組みとなっています。
事前の準備はどうでしょう。

バイナリーオプションは市場の動きがとても重要ですから、大まかな流れと個別の動きを注意深く見ることが大切で、特に指標などの分析能力は投資のタイミングには必要となります。
ただしスマホなどを使って取引をするのであれば、申し込み画面に指標が見やすくセットされていますので、素人目にもそのタイミングは分るはずです。

一方のパチンコは台選びをするならば前日から台を定めて、開店前には並びたいものです。無駄に吸い込まれること無く、少しの投資で儲かる台で打ちたいと思うのは誰しも同じことです。
そう考えると出る台をとれる確率は低くなるかもしれません。